HOME癒し王国世界遺産 熊野古道ウォークレポート小広王子〜熊野本宮大社 中盤編

世界遺産 熊野古道 ウォークレポート
小広王子〜熊野本宮大社 中盤編

南紀ほんまもん通信 第36号(2006年6月13日)

三越峠を出発 (11:50)

三越峠を出発 お昼ご飯も食べ終わり、十分休憩をしてから出発をしました。
休憩所の横から下り坂に入ります。
右側には、53番目の道標が立っています。

くだりの坂を歩きます 峠を越えたので、船玉神社へと長い長い下りの坂を歩きます。

 この先は、道標が54番・55番と続きます。

石段の積み上げられています この付近には、ところどころに写真のような石段が積み上げられていました。

飲み水が・・・。 やがて下り坂も緩やかになって廃屋などがあり、林道に出てきます。林道に出てすぐ、道沿いに水が出ているところがありました。汗もかいていたので、手を洗ってみました。

 ひんやりと気持ちのいい水がでていました。

56番目の道標

56番目の道標です。(12:21)

林道を分岐

林道より分岐して急な石段を下ります。(12:26) 

音無川沿いを進みます。 (12:29) 

川沿いを歩きます

54番目の道標

57番目の道標 (12:30)

のぼり坂

58番目の道標 (12:38) 

 

赤木越番号道標起点 赤木越の分岐点のところに広場があります。
ここから、湯峰温泉方面への熊野古道(赤木越)のルートをたどることが出来ます。
私たちは発心門の方へと歩いていきます。

 左側にトイレも完備されており、休憩することにしました。 (12:45) 

59番目の道標 広場をすぐ出て交差点を左へ足をむけ、59番目の道標の向こう側に船玉神社があります。

船玉神社(ふなだまじんじゃ)  (13:02)

船玉神社 音無川の上流に、船玉神社があります。
ここは、船の神様をお祀りしてあります。また、右側には玉姫稲荷が祀られてありました。

林道から古道へ 船玉神社を出発し、猪鼻王子へと向かいます。林道から、分岐し右下へ降りていきます。(13:09)

猪鼻王子  (13:11)

猪鼻王子 猪鼻王子へ到着しました。
音無川の上流近くにあり、桧林の中に王子跡がありました。

 近くに、60番目の道標があります。

道標をすぎしばらく歩くと、先ほど歩いていた林道へとでてきます。

発心門王子手前ののぼり坂

林道右手ののぼり坂 林道右手の上り坂を入り、発心門王子へと向かいます。

 発心門王子へは急な登り坂をのぼり約15分ほどで到着します。

のぼり坂を歩きます ひたすらのぼり坂を歩きます。目の前には鳥居がみえてきました。

発心門王子  (13:33)

発心門王子 発心門王子到着です。

 丁度、ベンチもあり、日陰にもなっているので休憩をしました。ちょうど時計とバスの時刻を確認すると、「発心門王子発」→「栗栖川」行きのバスがあることに気づきました。
また、「栗栖川」からはバスを乗り換え「紀伊田辺」行きのバスがあります。
詳しくは→バス時刻表

舗装道路を歩きます休憩後(13:48出発)

 発心門王子からは、ゆるやかな舗装道路を歩きます。

トイレ・休憩所 この先に「62番目の道標」や「トイレ・休憩所」「案内板」などがあります。

冊子の販売 休憩所には、「熊野本宮への道」「花と歩く旅」「熊野古道押印帳」が1冊¥100で販売されていました。詳しく掲載されているマップと歩きながら花の名前が調べられるので、2種類の本を購入しました。


<<前半編  後半編>>


南紀ほんまもん通信 バックナンバー

HOME癒し王国湯遊王国感動王国満腹王国エリアガイドお宝めぐり