南紀ほんまもん通信第4号(2003年6月12日) 南紀ほんまもん王国 TOPへ GO!

南紀のあじさい

梅雨入りの5月下旬〜7月上旬にかけてアジサイが咲きます。
あじさいといってもいろいろな種類があり、ここでは南紀のあじさいをご紹介します。

しまいえん (なかへじちょう こかい)
一面のアジサイ
ここは、昭和54年から姉妹で始められた「あじさい園」です。
昔は棚田になっていたのを、少しずつですが、アジサイ園と花ショウブ園にされたそうです。
今では、5,000種ほどのアジサイがあるそうです。


(では回って見ていきましょう)
園内の道
園内の道は、「ご先祖様が苦労して開いた田んぼなので、できるだけそのままの状態で残したい」という気持ちから、園内は、山道そのままの状態で残されています。
ですので、昔なつかしい山里の段々畑や、棚田の雰囲気がそのまま残されています。それだけに、少し滑りやすいところもあるので注意しましょう。
   サワアジサイ
時期がすこし遅れてしまったのですが、5月下旬には
「サワアジサイ」から咲き始めます。
「この咲き始めがとてもかわいいんですよ。」と笑顔でアジサイ園の方が話してくださいました。
 沢があり、この先にもたくさんアジサイが咲いていました。

ベニガクアジサイ
ベニガクアジサイ
アジサイにとまるトンボ
アジサイにとまるトンボ。
自然がいっぱいです。
かずら細工 店内には、手作りのかづら細工や手こねもちなども
販売されています。
せいり券ですが、しおりにも使えます。
かめの飾り 手こねもち(自然の甘みがいっぱいです)
開園期間
開園時間
6月末まで。
AM 9:00〜PM 5:00 期間は 6月30日まで。
入園料 入場料 大人¥300 小人 無料
交通 車:国道311号線 鍛冶屋川口から龍神村柳瀬方面に曲がって3分ほどの右手。
JRきのくに線 紀伊田辺駅より本宮方面行きのバスに乗車し、鍛冶屋川口バス停で下車徒歩20分
お問い合わせ 姉妹園:TEL 0739-64-1815


あじさいまんだらえん (かみとんだちょう すくまだにかんのんない) 

救馬渓観音(すくまだにかんのん)は、厄除け・開運などのお寺です。
本堂の裏山に、約50種のアジサイが植えられたアジサイ園があります。(有料)
白浜温泉街から約15km。 
開園期間
開園時間
6月1日(月)〜7月10日(木)
AM 9:30〜PM 4:30 (最終入園はPM 4:00)
入園料
  大人 (高校生以上) 小人 (小・中学生)
個人 300円 150円
団体
(30名様以上)
250円 100円
交通 車:国道42号線を南下し、上富田町岩崎より国道311号線へ分岐点より3.7キロ
お問い合わせ あじさい曼荼羅園リンク


へいそうげんこうえん (しらはまちょう)

園内のアジサイ園には約2,000本のアジサイが植えられ、西洋アジサイや日本アジサイなどいろいろな種類のアジサイを見ることができます。
公園事務所には、高齢者、足の不自由な方も鑑賞できるよう、電動スクーターを3台設置しています。
開園時間 AM 8:00〜PM 5:00 期間は 6月30日まで。
入園料 入園無料
交通 JRきのくに線 白浜駅からバス平草原下車すぐ
お問い合わせ 白浜町観光課:TEL 0739-43-5555


各「あじさい」が見れる場所


南紀ほんまもん通信 バックナンバー


アクセスガイド | 年間イベント | 海水浴場ガイドキャンプ場ガイド | 観光のお問い合わせ

南紀ほんまもん王国 HOMEへ