HOME癒し王国近露王子~小広王子

近露王子~小広王子 (熊野古道 中辺路)

熊野参詣で古くから賑わった宿場町・近露を散策し、名所「野中の清水」や「一方杉」「秀衡桜」など、伝説や歴史に彩られた歴史の里を、 ゆっくり歩いて4時間ほどのコースに古道・中辺路の魅力が詰まっています。


おすすめルート紹介
近露王子~小広王子コース おすすめルート


熊野古道ウォークレポート
小広王子~近露王子


滝尻王子~継桜王子ウォークマップ
継桜王子~熊野本宮大社ウォークマップ



近露王子近露王子 (ちかつゆおうじ)

王子の中でも最も早く現れた王子のひとつで、後鳥羽上皇が和歌会を催したと記録されています。
王子跡の周辺には、かつて熊野詣をする天皇や上皇などの宿所があります。

またその名をしめす近露は大きな山里で、「熊野古道なかへち美術館」や名湯「上小野温泉ひすいの湯」もあります。


比曽原王子比曽原王子 (ひそはらおうじ)

道路をゆるやかに上ると楠山坂で古道らしい土道に入るのですが、またすぐに舗装道に出ます。
左手に比曽原王子の石碑が現れ、境内にはかつて、「手枕の松」と呼ばれる名木がありました。
王子社は明治末期まで160坪の常緑樹の悠然とした官山だったそうですが、今ではその面影は見られません。


野中の一方杉野中の一方杉 (のなかのいっぽうすぎ)

境内の斜面には、南向きにだけ枝を伸ばす、樹齢800年の杉の巨木が10本近くそびえております。そのうち最大のもので幹回りは8mになります。
また、その枝の向きが熊野那智大社の方角である事から、「野中の一方杉」と呼ばれるようになりました。
県の天然記念物に指定されています。


継桜王子継桜王子 (つぎざくらおうじ)
若王子権現ともいわれ、野中地区の氏神にあたります。境内に「一方杉」とよばれる巨木がそびえ、見る者を圧倒します。
那智山に向かって枝を伸ばしている姿から名づけられ、古くから信仰の対象になってきました。明治44年に伐採されかかったが、世界的な博物学者、南方熊楠によって守られました。
季節や天候にかかわらず、神秘的な空気が漂います。

秀衡桜秀衡桜 (ひでひらさくら)
継桜王子から約100m程進んだ道端に大きな桜の木が生えています。
その昔、奥洲の藤原秀衡が生まれたばかりの我が子を滝尻に残して熊野へ参る際、子の無事を祈念して、そこにあった桜を手折り、別の木に挿したのが接桜となったという伝承があります。

昔は継桜王子の社前にありましたが、水害等によりその度に植え継がれ、現在の場所に移されました。


中ノ河王子中ノ河王子 (なかのがわおうじ)
かつては熊野参詣道がここを通っており、比較的早く設けられた王子で、中右記に「仲野川王子に参る」とあります。
後鳥羽院御幸記でも「中の河」ではあるが、修明門院御幸記に「中川」と出ています。
小広王子小広王子 (こびろおうじ)
車道の小広峠の道端に上部の破損した緑泥片岩の小広王子碑が建てられています。明治の道路改修以前は、もとの高い峠の上にあったものです。
和歌山県の西牟婁郡と東牟婁郡との境界に当たります。

熊野古道中辺路ルート
熊野古道 中辺路 小広王子~発心門王子コースへ

HOME癒し王国湯遊王国感動王国満腹王国エリアガイドお宝めぐり