HOME癒し王国八上王子~鮎川王子

上富田・八上王子 (熊野古道 中辺路)


稲葉根王子~滝尻王子ウォークマップ

熊野古道の分岐点として栄えていた町で山裾・川沿いに史跡や古刹があり、稲葉根王子は社格の高い五体王子です。
前を流れる富田川の付近は「水垢離場」で、この地でみそぎをして体を清めて詣を続けました。


おすすめルート紹介
上富田コースおすすめルート




稲葉根王子~滝尻王子


八神王子八上王子 (やかみおうじ)

建任元年(1201)の「熊野御幸記」に名を残す由緒ある王子です。
西行法師もこの地を訪れ、山家集に歌に詠んでいます。
<八上神社境内は和歌山県指定史跡>


稲葉根王子稲葉根王子 (いなばねおうじ)

「稲持王子」ともいい、熊野九十九王子の中でも社格の高い五体王子のひとつで、 社歴も古く格別に崇敬されていました。
<和歌山県指定史跡>


一ノ瀬王子一ノ瀬王子 (いちのせおうじ)

一ノ瀬とは熊野に入るためのみそぎをする最初の川瀬のこと。
後鳥羽院の御幸記にも記されています。
また、旧村名の「市ノ瀬」から「市ノ瀬王子」ともよばれ、一度でも渡れば、いままでの罪業がすべて消え去ると広く人々に信じられていた富田川(岩田川)にちなんだ王子社です 。
現在は上富田町市ノ瀬小山に移設されていますが、旧社地は和歌山県指定史跡となっています。


鮎川王子鮎川王子 (あゆかわおうじ)

地名の由来は「紀伊続風土記」に表されています。
鮎川王子社は明治7年に、住吉神社に合祀されたので、ここには石碑だけが建っています。すぐ横が鮎川新橋のバス停です。
「剣の宮」ともよばれています。
鮎川王子跡は和歌山県指定史跡となっています。


熊野古道中辺路ルート
熊野古道 中辺路 滝尻王子、高原熊野神社へ

HOME癒し王国湯遊王国感動王国満腹王国エリアガイドお宝めぐり