HOME癒し王国八上王子〜鮎川王子上富田おすすめルート

熊野古道 上富田おすすめルート

所要時間 歩程/約8.6km 所要時間/約2時間30分

稲葉根王子バス停
↓約0.3km
稲葉根王子跡
↓約2.8km
だるま寺
↓約1.5km
一ノ瀬王子跡
↓約2.3km
鮎川王子跡
↓約0.7km
住吉神社
↓約1km
鮎川新橋バス停
熊野古道 おすすめ上富田コース

稲葉根王子前の川原から、手すりのない小さな橋が見えます。川沿いの道を歩いていくと、その畑山橋のたもとに着きます。コンクリートでできた小さい橋ですが、手すりが無く、川の増水時にも流されないようにした、めずらしい潜水橋です。橋を渡って少し歩き、少し広い車道に突き当たったら左に曲がります。「興禅寺」の看板に沿って坂を上っていくと興禅寺があります。

近くまで来ると白い大きなだるまの姿が見えるのが、別名「だるま寺」と呼ばれる興禅寺です。全国だるま八名刹にも指定されていて、庭園は回遊式なので、春から初夏にかけてツツジ、シャクナゲなどの花々を見ることができます。
興禅寺からは、やや右よりの道を下っていきます。川沿いの車道まで突き当たったら、上手に向けて歩いていくと「一ノ瀬王子」の看板があるので、右よりの細い道を歩いていきます。

一ノ瀬とは熊野に入るためのみそぎをする最初の川瀬のことで、そこから由来されています。
やぶのなかにあることから、薮中王子ともよばれています。

一ノ瀬王子からまた川沿いの道に出て、そのまま川上に歩いていきます。静かな山沿いの道を歩いていきますが、しばらく歩くいて加茂橋をすぎると、道も広くなり、学校などがある開けたところになります。ここが「鮎川」で、次の鮎川新橋を過ぎると、富田川の支流を渡る初めの橋を渡ります。車道をそのまま歩いていくと、ほどなく住吉神社です。

樹齢約300年、樹高約24mあり県下でも最大級の大きさ。また、明治7年には、富田川にあった鮎川王子社が、この神社へ合祀されました。剣の宮ともよばれています。住吉神社からは、来た道を戻り、鮎川新橋を渡ります。渡ったところに鮎川王子跡の石碑が建っています。

鮎川王子社は住吉神社に合祀されたので、ここには石碑だけが建っています。すぐ横が鮎川新橋のバス停です。

稲葉根王子〜滝尻王子ウォークレポート

HOME癒し王国湯遊王国感動王国満腹王国エリアガイドお宝めぐり