HOME癒し王国芳養王子〜中辺路ルート/大辺路ルート田辺市内おすすめルート

熊野古道 田辺市内おすすめルート

所要時間 歩程/約4.9km 所要時間/約1時間

芳養王子
↓約3km
出立王子
↓約1.2km
道分け石
↓約0.2km
蟻通神社
↓約0.5km
闘ケイ神社

※闘鶏神社の
「ケイ」は、正しくは けいと書きます。
熊野古道 おすすめ田辺市内コース 

芳養駅より、国道42号線を和歌山方面に進み、次の信号を左折します。すぐに右に見えるのは芳養王子が合祀されている芳養大神社です。ここは寄言の宮とも言われ、往古氏の翁が神託を受け、海よりきたる両面の神鏡を得、この漂着した神を天照大神として祀ったのが若一王子権現の創祀とする伝承があります。住宅地のなかの路をまっすぐ歩くと、「塚の地蔵さん」と呼ばれ親しまれている芳養一里塚へ到着します。

一里塚からすぐに国道42号線に合流します。国道沿いを田辺市街地に向けて歩いていきます。
途中で国道から離れ、市街地への道に入ります。途中、合気道の伝達者・植芝盛平の生誕地が左にあります。ここを過ぎ、次の曲がり角を右に曲がり左に曲がると、すぐ右手に児童公園が見えてきます。公園の中に、後白河院が潮垢離をしたという「潮垢離浜跡」の碑があります。この付近は今では整備事業が進んで住宅地の中になっています。
再び市街地への道に戻り、市街地に向かって歩いて行きます。江川大橋バス停を通過し、前方の信号で左折して狭い坂道を上がっていきます。すぐに左手の道路わきに出立王子の鳥居が見えます。

出立王子から元の道に戻り、市街地に向けて進むと橋がありますが、橋の手前で左に折れ、一つ上流の橋を渡ります。
本町道標、道分け石を経て駅前通りに交差します。けい神社へも立ち寄ってみましょう。
神社は、熊野別当湛増が紅白の布を結んだ鶏を戦わせ、神意を占ったのはこの神前です。

田辺市内〜稲葉根王子ウォークレポート

HOME癒し王国湯遊王国感動王国満腹王国エリアガイドお宝めぐり